医療法人の設立を『税金面だけ』で検討していませんか?

院長先生!このような理由で医療法人の設立をお考えではありませんか?

524416

  • 所得税よりも法人税の方が税率が低いので、医療法人化して節税したい
  • 個人では税金が高いので、医療法人化して、家族を役員にして所得を分散したい
  • 引退時に退職金をもらった方が節税になるので、医療法人化して退職金の積み立てをしたい
  • 個人のままでは多額の相続税が発生しそうなので、法人化して相続対策を打ちたい
  • 子供に事業を承継したいが、個人のままでは面倒なので、医療法人化してスムーズに承継したい

 

医療法人化をお考えの方の多くは、上記のような理由で医療法人化を検討されます。
みなさまの場合はいかがでしょうか?

ちょっと待ってください!医療法人は一度設立すると、個人の都合で簡単にはやめられません。

税金面のメリットばかりが強調されがちな「医療法人化」ですが、医療法人は「本来永続するものである」という考え方が基本にあるため、法人化するにも解散するにも都道府県知事の許可が必要です。
そのため、経営上の理由で勝手に個人診療所に戻ることができないばかりか、引退する際も、新しい理事長を立てるか、M&A等で売却するなどの対応が求められ、医療法人化には高度な判断が必要となります。

医療法人化で失敗しないためにも、専門家のアドバイスを受けましょう

そこで、医療法人化で誤った判断をしないためにも、医療専門の税理士事務所 浜松診療所経営サポートセンター(運営:松本会計事務所)に相談しましょう。
医療専門のコンサルタントまたは税理士が、医療法人化すべきか否かを詳しく診断させていただきます。

医療法人化シミュレーションでは

1. 現在の経営状況のヒアリング
現在の経営状況を確認させていただきながら、数値の面から医療法人化すべきか否かを大まかに判断いたします。
2. 今後の事業プランの確認と院長のライフプランの確認
院長先生が今後医院をどうしたいのか?院長自身は何歳くらいまで現役で働きたいのか?法人化する場合、退職金はどのくらい欲しいのか?など、具体的にお話を伺います。
3. 医療法人設立シミュレーション
上記1.2のヒアリングの内容をもとに、具体的な数値を当てはめて、個人の場合と医療法人の場合、どちらが得かをシミュレーションいたします。

4. 医療法人かすべきかどうか、見解を申し上げます最終的に、医療法人を設立するべきかどうか、私どもの見解をお伝えさせていただきます。決して「医療法人化ありき」ではなく、院長先生の立場で申し上げさせていただきます。

なぜ、浜松診療所経営サポートセンターは、税金以外のアドバイスもできるのでしょうか?

その理由は、浜松診療所経営サポートセンターが、浜松で唯一、日本最大級の医療経営のコンサルティンググループ(MMPG)に加盟し、医療専門の税務知識のみならず、医療業界・医療情報関する最新情報を常に学習しているからです。

また、浜松診療所経営サポートセンターの運営母体である税理士法人TARGAは、開業当初から診療所・クリニックの顧問先を持ち、今日まで20年以上も実務的な支援を継続的に行っております。
ですので、医療法人の設立でお悩みの方は、浜松診療所経営サポートセンターの「無料!医療法人化シミュレーション」をご利用下さい。

 

無料!医療法人化シミュレーションをご希望の方は、お電話もしくはメールでお申込みください
問い合わせページ

具体的に医療法人設立をお考えの方は ⇒ 医療法人設立のページへ